宇部市文化会館で外壁タイルの補修をしました

落合 辰彦
落合 辰彦tatsuhiko ochiai 営業、工事と頑張っています。もちまえの忍耐強さで、ストレスの多いコノ業界?の仕事をこなしています。趣味は旅行。福祉住環境コーディネーターや太陽光アドバイザーの資格。常務取締役  地元、山口大学 経済学部出身。ウェブ(パソコン)に強いです。

2015年 4月のアーカイブ

宇部市文化会館で外壁タイルの補修をしました

山口県宇部市でタイル・石工事、フェンス、ブロック工事などを

しています株式会社太和物産です。

今回は昨年暮れから年度末までタイルの補修工事をしました

宇部市文化会館を紹介します。

補修箇所はJR宇部線沿いの南面と裏口のある西面です。

同じタイルがないので、サイズが同一、色調が似ているタイルでの

補修となりました。見本張りをしてタイルの色調は勿論、

目地の色、深さなども承認を得てから工事に入りました。

接着材は通常のタイルセメントではなく、より接着強度の大きい

ポリマー系のものを使用しています。

防音シートが張られた足場の上での作業で

補修箇所が点在して長期間の工事となりましたが

元請様他関係先のお蔭で無事完了することが出来ました。

外壁タイルの剥離、落下の危険がなくなり、安全な文化会館に

生まれ変わりました。

1

2

3

4

5

6

7